nCounter® CAR-T Characterization Panel

みなさまの研究の一助に

nCounter CAR-T Characterization Panelは、堅牢な生成物放出アッセイの開発を促進するため、CAR-T療法の専門家と協働で製作されました。自動かつ再現性のあるアッセイを用いて、研究および製造アプリケーション用のCAR-T製品をプロファイルします。CAR-T Characterization Gene Expression Panelは、CAR-Tの新開発やQCに最適で、CAR-Tの製造ワークフローの効率化に役立ち、白血球アフェレーシスから投与までの時間を短縮できる可能性を秘めています。このパネルにより、780のヒト遺伝子を用いてCAR-Tバイオロジーの8つの重要な要素を測定できます。

この分野の専門家が開発した最新バイオロジーを活用すれば、CAR-Tの知見を深めることができます。

  • CAR-Tのメソッド開発を最適化
  • 製造品質基準を作成
  • 代謝の適応度および持続性を測定
  • 投与後の疲弊および毒性のモニタリング

本製品でできること

CAR-T治療ワークフロー

CAR-Tワークフローの各ステップを理解することは、CAR-Tの最終製品の品質と有効性を確保するために重要です。nCounter CAR-T Characterization Panelは、遺伝子の標準化パネルとして開発から製造までにわたって使用でき、メソッドの最適化、製造許容基準の作成、さらに製造以外での宿主の影響の把握を可能にします。

標準のnSolver™ Analysisに加えて、CAR-T Characterization Panelに含まれる遺伝子は、さまざまな高度解析モジュールと関連づけられて構成されており、CAR-Tバイオロジーの8つの重要な要素を効率的に測定できます。

CAR-T Characterizationに利用できるアドバンス解析モジュール

  • ノーマライゼーション
  • 品質管理
  • パスウェイ解析
  • 細胞プロファイリング
  • 差次的発現
  • 遺伝子セット解析
  • 組み込まれた互換性により、Panel Plusおよびタンパク質解析に対応

パネル選択ツール

PANEL PROであなたの研究のための
遺伝子発現パネルをみつけてください

Find Your Panel

製品情報

Partnerships
Specifications
Signatures/ Pathways
TCR Diversity Report
The ROSALIND® Platform
Catalog Information
Partnerships

パートナーシップ

NanoStringは、欧州連合におけるInnovative Medicines Initiative (IMI)コンソーシアムのパートナーとして、Servier(プロジェクトリーダーとして)、BayerJanssen、およびTakedaと協働で、CAR-T細胞療法の開発、製造、配送に使用される代表的分析メソッドの開発に取り組んでいます。IMIは医療研究に特化した世界最大の官民パートナーシップです。

Specifications
Signatures/ Pathways
TCR Diversity Report

TCR多様性レポートは、ROSALIND® プラットフォーム内で使用するためには別途ライセンスが必要ですが、このレポートでは、T細胞受容体の可変領域の発現について評価されています。可変領域は全体的な発現(バックグラウンド以上または以下)に対して評価され、パネルスタンダードにノーマライズされます。これにより、これらの可変領域のより正確な定量が可能になります。TCR多様性の推定値が算出され、指定したグループピング変数との関連を示します。

TCRスコアにより、サンプル内のT細胞受容体β可変領域の多様性が算出されます。このスコアは、ある集団内の種の多様性の数学的尺度である、Shannon多様性指数計算に基づいています。この生態学的な計算により、特定のサンプル内と特定のデータセット内のT細胞受容体集団内に存在する可変領域の存在量と均一性が説明されます。与えられたスコアはデータセット内の相対値となります。高いTCRスコアは可変領域のより多様性のある集団、すなわちクローン性の低い集団であることを意味し、低いTCRスコアは多様性が低い、すなわちよりクローン性の高い集団であることを意味します。実際のクローン性は、T細胞受容体の全シーケンスによってのみ特定できますが、クローン性の推測はTCR β可変領域の多様性を測定することで可能です。

TCR多様性レポートのデモバージョンのダウンロードについては、こちらをご確認ください。また、対応するTCR多様性レポートの概要ファイルについては、こちらをご確認ください。

The ROSALIND® Platform

ROSALINDは、バイオインフォマティクスまたはプログラミングスキルが不要なクラウドベースのプラットフォームであり、差次的な遺伝子発現データの解析と解釈を行います。以下のガイドモジュールを用いてnCounterのデータ解析を簡単に行えます。

  • ノーマライゼーション
  • 品質管理
  • 個別のパスウェイ解析
  • 差次的発現
  • 遺伝子セット解析

nCounterをご使用のお客様は、無償でROSALINDにアクセスいただけます。

Catalog Information

関連リソース

すべてのリソースを見る

Biological and Clinical Implications of Gene-Expression Profiling in Diffuse Large B-Cell Lymphoma: A Proposal for a Targeted BLYM-777 Consortium Panel as Part of a Multilayered Analytical Approach.

Simple Summary: This review summarizes gene-expression profiling insights into the background and origination of diffuse large B-cell lymphomas (DLBCL). To further unravel the molecular biology of these lymphomas, a consortium panel called BLYM-777 was designed including genes important for subtype classifications, genetic pathways, tumor-microenvironment, immune response and resistance to targeted therapies.

Molecular and Functional Signatures Associated with CAR T Cell Exhaustion and Impaired Clinical Response in Patients with B Cell Malignancies.

Despite the high rates of complete remission following chimeric antigen receptor (CAR) T cell therapy, its full capacity is currently limited by the generation of dysfunctional CAR T cells. Senescent or exhausted CAR T cells possess poor targeting and effector functions, as well as impaired cell proliferation and persistence in vivo.

PSMA-targeting TGFbeta-insensitive armored CAR T cells in metastatic castration-resistant prostate cancer: a phase 1 trial.

Chimeric antigen receptor (CAR) T cells have demonstrated promising efficacy, particularly in hematologic malignancies. One challenge regarding CAR T cells in solid tumors is the immunosuppressive tumor microenvironment (TME), characterized by high levels of multiple inhibitory factors, including transforming growth factor (TGF)-beta.

Skysphere

Contact Us

ご質問や詳細について知りたいですか?

こちらからお問合せください。

お問合せ