nCounter®
Neuropathology Panel

みなさまの研究の一助に

バイオマーカーの発見とシグネチャーの開発は、これまでにない治療法の同定や、アルツハイマー病(AD)、パーキンソン病(PD)、筋萎縮性側索硬化症(ALS)といった神経変性疾患の早期発見や治療法の開発のために欠かせません。nCounter Neuropathology Panelは、神経変性の6つの基本的テーマ(神経伝達、ニューロン・グリア相互作用、神経可塑性、細胞構造の完全性、神経炎症、代謝)に関与する遺伝子を有するヒトまたはマウスのサンプルを対象にした、包括的なマルチプレックス遺伝子発現解析の実施に役立ちます。

  • アルツハイマー病、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症、前頭側頭型認知症、ハンチントン病などの神経疾患の研究向けに開発
  • 独自の細胞型特性により、ニューロン、アストロサイト、ミクログリア、オリゴデンドロサイト、内皮細胞などの5つの重要なCNS細胞型の存在量を特定
Neuropathology Panel

本製品でできること

nCounter Neuropathology Panelは、ナノストリングの独自のバーコード技術とnCounter解析システムを利用しており、研究のスピードアップに役立ちます。

01:

神経変性に特異的な770の遺伝子をスクリーニング

02:

23のパスウェイを包括的に評価

03:

神経変性の進行をモニタリング

04:

可能性のある治療方法をスクリーニング

05:

バイオマーカーを発見し、神経変性に関連するシグネチャーを開発

06:

Panel Plusオプションで、最大55の追加ユーザー定義遺伝子を用いてカスタマイズ可能

07:

合理化された使いやすい効率的ワークフローでデータを迅速に取得。ハンズオンタイムはわずか15分

パネル選択ツール

PANEL PROであなたの研究のための遺伝子発現パネルをみつけてください

Find Your Panel

製品情報

CNS Cell Typing
Functional Annotations
Product Specifications
Catalog Information
CNS Cell Typing

Neuropathology Panelに含まれる遺伝子により、ニューロン、アストロサイト、ミクログリア、オリゴデンドロサイト、内皮細胞などの5つの重要な細胞型の存在量1の測定のための独自の細胞プロファイリングデータを得ることができます。以下の表は、現在の文献で認定されている遺伝子の内容とともに、パネルで提示される各細胞型の概要を示しています。

1 Danaher P. et al. Gene expression markers of Tumor Infiltrating Leukocytes JITC 2017

Functional Annotations

23の基本的なパスウェイとプロセスの機能アノテーションの割り当ては、Neuropathology Panelの全ゲノムに対して実施されています。これにより、神経変性疾患の発症と進行における重要な側面について実用的な見解を得ることができます。

Product Specifications
Catalog Information

関連リソース

すべてのリソースを見る

A single-cell atlas of glioblastoma evolution under therapy reveals cell-intrinsic and cell-extrinsic therapeutic targets.

Recent longitudinal studies of glioblastoma (GBM) have demonstrated a lack of apparent selection pressure for specific DNA mutations in recurrent disease. Single-cell lineage tracing has shown that GBM cells possess a high degree of plasticity.

INPP5D deficiency attenuates amyloid pathology in a mouse model of Alzheimer’s disease.

Introduction: Inositol polyphosphate-5-phosphatase (INPP5D) is a microglia-enriched lipid phosphatase in the central nervous system. A non-coding variant (rs35349669) in INPP5D increases the risk for Alzheimer’s disease (AD), and elevated INPP5D expression is associated with increased plaque deposition.

Signatures for Viral Infection and Inflammation in the Proximal Olfactory System in Familial Alzheimer’s Disease.

Alzheimer’s disease (AD) is characterized by deficits in olfaction and olfactory pathology preceding diagnosis of dementia. Here we analyzed differential gene and protein expression in the olfactory bulb (OB) and tract (OT) of familial AD (FAD) individuals carrying the autosomal dominant presenilin 1 E280A mutation.

Skysphere

お問合せ

ご質問や詳細について知りたいですか?

こちらからお問合せください。

お問合せ